特殊工程表面処理(メッキ・溶射・ショットピーニング・塗装)のスペシャリスト集団 JISQ9100の取得など、万全な品質管理体制メッキ~溶射・ショットピーニング~塗装、研磨まで 一貫加工60年の表面処理の実績:耐食性に関するデータベースの充実
表面処理何でもLab

表面処理の種類

ニッケルメッキ

ニッケルめっきの工業利用を分類すると別表のようになる。
ワット浴からの半光沢ニッケルめっき、または無光沢ニッケルめっきは、さまざまな工業用めっきの下地めっきとして、最も広範囲に利用されているといえよう。
例えばコネクタやスイッチ、端子など、金めっきや錫めっき、ロジウムめっきなどが施される電子部品では例外なく、下地に7μm程度のニッケルめっきが施されていて、素地との密着性を高めたり、耐食性を付与したりしている。半導体リードフレームの場合でも同様である。
とくにステンレスやコバールなどの特殊鋼へのめっきでは、下地に0.1~0.3μm程度のニッケルストライクめっきを行なうと、密着力は格段に向上し、サーマルショック試験(-60℃~+150℃の繰り返し試験)でもビクともしない事例も報告されている。
また光沢剤をまったく使用しない無光沢(純)ニッケルめっきは高純度で延性に富む皮膜が得られ、はんだ付け性も良好である。

エ業利用の形態

めっき浴の種類工業用利用の形態
電気めっきワット浴素地との密着性を向上させ、また耐食性を付与するなど、 各種工業用めっきの下地めっきとしての役割。(0.1μm程度のストライクめっきから20~30μmの中間めっきまで)
半導体部品のステムやキャップなどに、ろう付け性、溶接性、ボンディング性を付与するめっきとしての役割。
スルファミン酸浴一般に超厚付けめっきとして再生部品の肉盛り用に利用されている。また電鋳浴としても、レコードスタンパー や各種成型用金型、金属ベローズなどの製作には不可欠の役割を果たしている。
無電解めっき浴ニッケルーリン、ニッケルーボロンなどの合金めっきが得られる。複雑な形状にも均一な膜厚でめっきできるため、精度を要求される部品に多用される。硬度も高く、耐食性にもすぐれている。電気的特性も良好である。
特殊なめっき分散ニッケルめっき複合めっきとも称される。ニッケル皮膜中に、セラミックスなどの微細粒子を分散させためっきで、耐摩耗性の向上、潤滑性の向上、カラー化などが実現できる。

各種ニッケルめっきの性能比較

性能\外観・浴の種類無光沢半光沢
ワット浴
半光沢
ワット浴
ワット浴スミルファン酸浴
硬度(Hv)150~180170~180200~400500~600
延性(%)20~305~6~10~5
応力(Kg/㎟)12~205~6100~110100~110
引っぱり強度
(Kg/㎟)
~50~50100~110100~110
ハンダ付け性
(相対評価)

(06版電気めっきガイド:全国鍍金工業組合連合会より)

メッキ名称ニッケルメッキ
他の呼び名
対応規格QQ-N-290 A
特 性
装飾熱的特性耐熱性 
防錆・防食熱吸収性 
耐摩擦特性熱伝導性 
機械的特性硬度 熱反射性
潤滑性 物理的特性ハンダ付け性 
寸法精度 ボンディング性 
肉盛り性 多孔性 
型離れ性 非粘着性 
低摩擦係数 接着性 
二次加工性 密着性 
馴染 化学的特性耐薬品性 
電気的特性電導性汚染防止 
高周波特性 抗菌性 
磁性 耐刷性 
低接触抵抗 その他海水腐食防止 
抵抗特性 写実・再現性 
光学的特性反射防止性  
光選択吸収性 
光反射性
耐候性 
基 材
アルミ
マグネシウム合金
SS
SUS
チタン 

処理事例

Q&A

お問い合わせはお気軽に!特殊工程表面処理.comを、ご覧頂きまして誠にありがとうございます。特殊工程の表面処理のことなら「特殊工程表面処理.com」にお任せ下さい