特殊工程表面処理(メッキ・溶射・ショットピーニング・塗装)のスペシャリスト集団 JISQ9100の取得など、万全な品質管理体制メッキ~溶射・ショットピーニング~塗装、研磨まで 一貫加工60年の表面処理の実績:耐食性に関するデータベースの充実
表面処理何でもLab

表面処理の種類

カニフロン- テフロン(PTFE)の潤滑性・撥水性・非粘着性機能を付与した複合皮膜 -

撥水性

撥水性

低摩擦性であり、耐摩耗性・耐蝕性・熱伝導性に優れています。
電導性を有し消音及び静電防止に効果があります。

カニフロンは無電解ニッケル(カニゼン)皮膜中に、フッ素樹脂(PTFE)の微粒子を均一に分散共析させた複合めっき皮膜です。

特徴1.テフロン含有膜
特徴2.非粘着・低摩擦性
特徴3.三種類の含有濃度の選択により用途別選択が可能

■カニフロン皮膜(×1,000倍)

カニフロン皮膜(×1,000倍)

皮膜組成と特性

カニフロンの種類S(超高含有)タイプA(高含有)タイプB(低含有)タイプ
テフロンの含有量30~35Vol%20~25Vol%3~7Vol%
硬度熱処理前HV200~250HV250~350HV400~500
熱処理後HV300~350HV400~500HV750~900
摩擦係数0.07~0.080.08~0.100.10~0.12
特徴自己潤滑性
離型性
非粘着性
撥水性
自己潤滑性
離型性
非粘着性
撥水性
自己潤滑性
離型性
耐磨耗性
使用実例グリルアミ
ダイス
ノズル
リングギヤ
スチールボール
金型
ギヤシャフト
スプール
サイドブロック
1.自己潤滑性めっき皮膜中にPTFE粒子を含有するためカジリ・焼付き防止に対して大きな効果を発揮します。
2.低摩擦皮膜表面ばかりでなく、膜厚方向にも潤滑性のあるテフロン粒子を均一に分散しています。
3.耐摩耗性、対損傷性カニフロンは樹脂やテフロンコーティングに比較して傷がつき難く、剥がれたりしません。
4.耐蝕性ピンホールが無く、つきまわりが均一です。
5.密着性PTFE微粒子一個一個をマトリックスが硬く保持しています。
また、マトリックスが金属であるため、素地とカニフロンの密着性は強固です。
6.膜厚均一性、高寸法精度母材の形状にかかわらず穴の中・パイプ・エッヂなどでも、膜厚は均一です。
また、任意の厚さにめっき膜厚を正確にコントロールできます。
7.電導性、静電防止効果マトリックスが金属(Ni-P)であるため、静電気やホコリを嫌う半導体部品、精密機器へ使用できます。
8.熱伝導性テフロンコーティングに比べ、優れています。
9.消音効果カニフロン同士の摺動や他の金属との接触などにおいて、PTFEによる緩衝効果と潤滑性により、消音効果があります。
10.撥水・撥油性接触角はテフロンコーティングとほぼ同等です。

■摩擦係数比較図

摩擦係数比較図

加工応用例

自動車産業機械印刷機械
スプール
ベーン
ボール
ロータ
ピストン
ブレード
ピン
シリンダー
スクリュー
ガイドロール
ノズル
ホッパー
メッキ名称カニフロン
他の呼び名
対応規格
特 性
装飾熱的特性耐熱性 
防錆・防食熱吸収性 
耐摩擦特性熱伝導性 
機械的特性硬度 熱反射性 
潤滑性物理的特性ハンダ付け性 
寸法精度ボンディング性 
肉盛り性多孔性 
型離れ性非粘着性
低摩擦係数接着性 
二次加工性 密着性
馴染化学的特性耐薬品性
電気的特性電導性汚染防止 
高周波特性抗菌性 
磁性耐刷性 
低接触抵抗その他海水腐食防止
抵抗特性 写実・再現性 
光学的特性反射防止性  
光選択吸収性 
光反射性 
耐候性 
基 材
アルミ
マグネシウム合金
SS
SUS
チタン

処理事例

Q&A

お問い合わせはお気軽に!特殊工程表面処理.comを、ご覧頂きまして誠にありがとうございます。特殊工程の表面処理のことなら「特殊工程表面処理.com」にお任せ下さい